FX業者選びの本音を調査

FXは、成功事例よりも、この失敗事例の方が重要。

これはなにもFXに限ったことじゃございませんが、投資としてやる取引といいますものは、継続的に勝ちたいと思うのが本当のところでしょう。このFXで連戦連勝して100万円とかを稼ぎ出しているトレーダーも確かに存在しております。でも、やっぱりそういう勝ち続けていらっしゃるトレーダーも、目には見えない努力をしてるんですね。何もないところからは、何も生まれませんから。

 

でも、FXで継続的に勝っていくためにはいったいどういうことが必要なのか。ここが重要な問題となるんです。まず、確実に言えることは、FX初心者ならば、連戦連勝を夢見るのではなく、ほんのわずかな利益でもいいですから、これを目指して行くようにする姿勢が大切なんじゃないでしょうか。ちょっとでもいい、マイナスにならないように気をつけて行くこと、これが大事でございます。

 

それからFXをやる上でけっこう犯してしまいがちな失敗というものがございます。FX
で大勝ちを狙う前に、それらの失敗事例を常に頭に入れておき、ご自分でも充分に気をつけていくことも重要なことなんですね。言ってしまえば、成功事例よりも、この失敗事例の方が重要なのかもしれません。よくありがちな失敗事例には不思議とパターンがあるようです。

 

たとえば、FXはローリスクローリターンという安全な取引でございますが、ここで少しずつ積み上げてきた利益を、大きくレバレッジを効かせて大勝負に出るということ。負けたらそれで終わり。今までの利益はすべてパアーでございます。これはよした方がいいでしょうね。いっぺんにテンションが下がってしまいますから。少ない資金でも大きな取引ができるFXのこのような特長も、充分に気をつけたいものでございます。

 

それからFXもある意味ではギャンブルに似た要素もございますから、負ければ負けたお金をどうにか取り戻そうとして、取引金額が知らないうちに大きくなることがよくございます。これはかなり危険ですね。取引はあくまでもご自分で最初に決めた範囲内で行なうのがベストなんです。

 

 

FX取引で失敗する要因というものをしっかりと理解しておくこと。

 

FXで勝つには、まず失敗する要因というものを見つけ出すことが重要なんですね。多くの方はとにかく勝ちたくて、勝利へのノウハウだけを追うことが多い。まあ、それも大切なことではあるんですが、リスクからの回避という意味ならば、やっぱりこの失敗する要因を探し出しておかなければいけないと思うんです。そして、その要因をいつも自分に言い聞かせて、けっして間違いのないようにしたいところでございます。

 

まあ、すべてとはいいませんが、FXの取引で失敗する要因って、いくつかございます。とってもそれはものすごく簡単なことなんですが、一つは人それぞれの性格ですね。地道にコツコツ積み上げて行く性格なのか、それとも一攫千金を狙う勝負師なのか、ということ。これはかなりはっきりと結果にあらわれます。

 

それからFXに関する知識やテクニックが足りないということ。知識と経験ですね。初心者ならいざ知らず、もう何年も FXをやって来ても、あまり知識が蓄積されてないなんていう方は、もう少し努力が必要なのかもしれません。やっぱりやるからには一生懸命に努力した方がいいです。なんか、もったいないですから。

 

そして、もう一つの失敗の要因としてあげられるのは、突発的な事件や事故でもって大きく為替が変動してしまうことですね。これはさすがに予測できません。予言者じゃないんですから、それはムリというものでございます。ですからこの三番目の要因だけはあまり重要視しない方がいいかもしれませんね。

 

FXは確かに誰でも手が出しやすい取引だと言えます。でも、この取引で少しでも継続的に利益を出したいと思うならば、それなりの努力も必要になってきます。ご自分の性格をいきなり変えるのは難しいことでございますが、その性格をちゃんと理解しておくことは必要になります。知識がないと思うなら、さまざまな知識をつけるため勉強をすればいい。そいうことは自分でできますからね。

 

FXをはおもしろい、と思えるようになるには、常日頃からの努力が肝心でございます。

 

 

FX取引は、国際政治や国際経済に明るい学生さんには最適。

 

なんだか世の中、とんでもない方向へ向かってるような気がいたします。ちょっと前には考えられなかったような事件や事故が、今はあたりまえのように起こってる。また、それらの事件や事故に関するニュースを耳にしましても、なんだまたか、なんて思っちゃう。もう、慣らされてるようにも思えます。

 

まあ、それはさておき、このような大きな事件や事故は、なにも国内に限ったことじゃなく、世界的にも大問題になってる。いわゆる国際政治経済なんかにも大きくからんでまいります。そういえば学生時代にはこうした科目がやたらと得意な学生っていましたよね。常に新聞やニュースを欠かさずに読んだり聞いたりしてるようでした。なんですか、そういう方面に明るい方って、なにかと得でございますね。会話にしても深いお話ができる。これは素敵です。

 

そう考えてみますと、今大変に流行してるFX取引なんかは、学生さんなんかには最適なものなんじゃないでしょうか。とくに国際政治や国際経済なんかを選択してる学生は得意分野と言える。なにも資産運用として考えることはないんです。あくまでも勉強としてこのFX取引をやるというのもアリなんじゃないでしょうかね。

 

もう、あまりにも人気が出てまいりましたから、今さら説明もいらないかもしれませんが、このFX取引というものは、通貨を売買して利益を目指していくというものでございます。だから、世界各国の政治やら経済やらに明るければ、その国の通貨の価値の変動も、ある程度は予測できるんじゃないでしょうか。これがわかればFX取引はますます楽しいものとなる。

 

特殊な例ではございますが、実際、大学生の方がこのFX取引をやって、何百万円も利益を出したっていうお話も耳にしております。まあ、これはあくまでもそういう人もいるというお話なので、頑張れば誰だって何百万円も稼げると言うものでもございませんが。ただ、チャンスは平等にあるということ。これをお忘れなく。

 

 

確かにFX取引で大切になってくるのがご自分の判断力というものでございます。取引を続けていくうちに、これはこのまま待った方がいいですとか、そろそろ売り時かなですとか、そういう判断をご自分でやるわけですから。だからこの判断力というものがFX取引のカギになるのだと言えるんですね。

 

FX取引をやっていて、常に変動しゆく相場の流れを実際に眺めていく中で、あれ、ちょっとヘンかな、ここで何か起こりそうだな、なんていう予感が得られれば、FX取引で継続して利益を得られる可能性も大きくなってくるというものでごいます。でも、その予感なんてものは、いったいどうやって養えばいいんでしょう。

 

言ってしまえば、これはもう、常日ごろからのトレーニングしかないんです。多くの情報収集、好奇心、そして想像力といったものが、そういった予感の礎になるものでございます。日頃からの自己研鑽、ということになるんでしょうか。実際に世の中で起こっているニュースになるようなさまざまな事、そういうものを見て聞いて、自分なりに考えることも必要でしょう。

 

そうして養った想像力、判断力というものは、FX取引では欠かせない資質になる。こうこうこういう理由だから、きっとドルは買われるだろう、あんなことがあったからユーロは売られるだろうな、そんなことをご自分で考えられるようになれば、これはしめたものでございます。FX取引もさらに楽しくなるでしょうね。

 

考えてみますと、こうした為替の変動というものは、その根本になるものは多くのトレーダーの気持ち次第ということになるんじゃないでしょうか。自分だけじゃなく、他の人もそう思うから動く。だからこれを逆に見てみれば、他のトレーダーたちが今何を考えてるのかな、ってことを探ってみることも大切ですね。

 

でも、人の気持ちを探ってみるなんて、口で言うのは簡単ですが、実際のお話、どうやって探ればいいのかわからない。そう考える方も多いでしょう。これはやっぱりネットを駆使して、トレーダーたちの意見なりアドバイスなりを片っ端から見て行くしかないんじゃないでしょうか。そういった情報は世の中には溢れておりますからね。

続きを読む≫ 2015/07/22 15:29:22

何事もそうでございます。成功があれば、当然のことのように失敗もある。でも、その失敗から何かを見つけることだってあるんですね。FXをやって儲かった、あるいは損をした。ここでどのように成功や失敗をしたのか、そういうことを真剣に考えることが重要だったんです。そういう考えを持てれば、あとは自然に必勝パターンとうものがわかってくるんです。

 

FXというものは、やっぱりやり続けて行くことが一番いいんですが、変に欲を出して大きな賭けに出るのはあまり感心いたしませんね。特に初心者の方ならば、まずは少額から始めることが大切でございます。確かにFXではレバレッジというものがあり、これを使えばいくら少ない資金でも、大きな取引をして、それが成功すれば大きな利益を出すことも可能なんです。ですが、いきなりはおすすめできません。

 

どうしたらFX取引で継続的に勝てるようになるのか、これはFXを実際にやられている方ならば誰しも思うことではないでしょうか。取引をやるからにはそう思って当然でございます。でも、どうしやったらいいのか、という部分がどうしてもわかんないんですね。ここはあらゆるアドバイスを見て行くしかないのかもしれません。で、最終的にはご自分の判断ということになる。

 

一つには情報というものがキーワードになるんじゃないでしょうか。FX投資で成功するためには、情報収集、研究、分析、これらが本当に大切になってくる。集めた情報をとことん研究し、それからご自分でそれらを分析する。そして、その分析に合った投資戦略を考えていけばいいんです。ちょっと時間がかかるように思われますが、慣れれば大した事じゃございません。

 

たとえば、ある国の通貨がたくさん買われている、という情報をチャッチしたとしますね。そしたら今度は、どうしてその通貨が買われているのか、という理由を自分なりに研究分析してみる。これが肝心でございます。そうすることによって、自然、勝ちも見えてくるものなんですね。

続きを読む≫ 2015/07/22 15:28:22

FXという金融商品は、他の方に紹介をする事もできます。それでプレゼントが発生する事も、しばしば有るのですね。
私たちが契約している会社によっては、たまに紹介制度というものを採用している事があるでしょう。その会社の商品をお友達に紹介すると、謝礼が発生する事もしばしばあるのですね。1人あたり幾らという形で、謝礼が発生するケースが多いです。前述の金融商品にも、そのような謝礼のシステムがあるのですね。
ところで謝礼を望んでいるのであれば、ちょっと気をつけた方が良い点も1つあります。友達に対して、きちんとリスクなどを説明しておくべき点です。
そもそもその金融商品には、必ずリスクがあるのです。少なくともリスクが皆無の商品ではありませんね。その点を友達が理解しているかどうかは、とても大切です。なぜならば理解をしていないと、友達に対して迷惑がかかってしまう事があるからです。
というのも金融会社の中には、たまに申込み者に対して電話をかけている所もあるのですね。金融会社は、申込者のリスクの理解度を気にしている事が非常に多いです。リスクが皆無な商品だと勘違いをしてしまっていると、金融会社の口座を作れない事もしばしばあるのですね。
そして例えば金融会社の方が、ある方の申込みデータを見てみたとしましょう。それでそのデータから、「この申込者は本当にリスクを理解しているだろうか」と気にする事もあるのですね。そのような時には、金融会社の担当者はたまに電話をかけます。それでリスクに対する誤解が発覚した時には、口座を作るのがお断りになってしまう事もあるのです。
ですので友達に対して商品を紹介した時に、上記のようなリスクの誤解などがあると、友達の携帯に対して電話がかかってきてしまう可能性があります。もちろんそれでは、友達に対して迷惑がかかってしまうでしょう。
それを防止するためにも、必ず紹介者に対してFXのリスクを丁寧に説明しておくべきだと思います。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:30:14

FXの口座を作る為には、金融会社による様々な確認があります。それを作ろうと思っている方の属性などは問題無いのかどうかを、金融会社は色々確認している訳ですね。確認をした結果、特に問題がなければ口座を作る事ができます。しかし何か問題があれば、もちろんお断りになるのです。いわゆる口座を作る為の審査ですね。
ところで私は、もう何回もその商品で口座を作っています。思い出せる範囲では、すでに4回くらいは口座を作っているのですね。
そして申し込む都度、各会社で審査を受ける必要があります。そしてそれを受けている時の気持ちなのですが、正直ちょっと緊張しますね。
その商品の口座を作る為には、もちろん上記の確認作業で合格する必要があるのです。合格でなければ、残念ながらお断りになってしまいます。いざそれを受けている最中は、正直なかなか緊張しますね。もしもお断りになってしまったら、やはり残念な気持ちになってしまうからです。
恐らく、それは私だけではないでしょう。私の他にもその金融商品の口座を作っている方は沢山いらっしゃいますが、いざ上記の確認作業を受けている時には、やはり緊張している方が多いと思うのですね。ましてその金融商品の申込みをするのが全く初めての方などは、緊張している事も多いのではないでしょうか。
ただその商品は、正直審査はかなり通りやすいと察します。前述のように私はすでに4つの会社で申込みをしているのですが、その全ての会社の審査に通っているのですね。ですので、合格率は比較的高いと考えられます。
ただそれが分かっていても、正直かなり緊張しますね。自分の属性を色々と見られていると思うと、何となくその結果が気になるものなのです。
ちなみに上記は通常バージョンのFXの審査ですが、それに類似しているバイナリーオプションなどは、少々敷居が高い一面があります。あれは試験に合格する必要があるので、通常バージョンのFXよりはちょっと難しいですね。ですのでオプションバージョンのFXなどは、やはり緊張している方も多いかと思います。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:30:14

私がFXの口座を始めて作ったのは、今から数年前です。そして今思い返すと、私の場合はちょっと失敗してしまったと思います。というのも私の場合は、ちょっと特殊な方法で口座を作ってしまったのですね。
一般的に口座を作る時には、WEB媒体を用いることになるでしょう。証券会社の公式サイトなどには、たいてい口座開設というボタンが設置されています。それをクリックすると、もちろん色々な情報を入力するためのフォームが出てくるのですね。それに情報を打ち込んで証券会社などに送信すれば、口座を作れるという流れなのです。
ところが私の場合は、もっと別の方法で口座を作ってしまいました。資料請求という方法になります。
大抵の証券会社では、商品案内のパンフレットを用意しているのですね。いわゆるFXのシステムを解説した、詳しいパンフレットになります。公式サイトには、そのパンフレットを請求するためのフォームも設置されている訳ですね。
ところで私はそのパンフレットを請求して、口座を作ってしまったのです。パンフレットの中には、その金融商品の申込みをするための書面も同封されています。それに必要な情報を随時書き込んでいって、証券会社に返送する事になるのですね。
ところがその方法は、かなり時間がかかりました。というのも郵送の場合は、証券会社に書面が届くまでに多少の時間を要します。WEB媒体のように、直ちにデータが届く訳ではないのです。それで書類が会社に届くまでに時間がかかってしまったので、思ったよりも手間取ってしまった記憶があります。
また私の場合は、キャンペーンの恩恵を受ける事もできませんでした。そのFXの会社の場合は、キャッシュバックのキャンペーンなども行っているのですね。ところが上記の紙媒体による方法の場合は、その恩恵を受ける事ができないのです。結果として私はキャッシュバックが発生せずに、ちょっと残念な思いをしてしまいました。
このような事例も稀にあるのですが、FXは紙媒体でなく電子媒体で口座を作るのが良いと思いますね。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:30:14