初めてFXの口座を作る時に少々失敗をしてしまった私

初めてFXの口座を作る時に少々失敗をしてしまった私

私がFXの口座を始めて作ったのは、今から数年前です。そして今思い返すと、私の場合はちょっと失敗してしまったと思います。というのも私の場合は、ちょっと特殊な方法で口座を作ってしまったのですね。
一般的に口座を作る時には、WEB媒体を用いることになるでしょう。証券会社の公式サイトなどには、たいてい口座開設というボタンが設置されています。それをクリックすると、もちろん色々な情報を入力するためのフォームが出てくるのですね。それに情報を打ち込んで証券会社などに送信すれば、口座を作れるという流れなのです。
ところが私の場合は、もっと別の方法で口座を作ってしまいました。資料請求という方法になります。
大抵の証券会社では、商品案内のパンフレットを用意しているのですね。いわゆるFXのシステムを解説した、詳しいパンフレットになります。公式サイトには、そのパンフレットを請求するためのフォームも設置されている訳ですね。
ところで私はそのパンフレットを請求して、口座を作ってしまったのです。パンフレットの中には、その金融商品の申込みをするための書面も同封されています。それに必要な情報を随時書き込んでいって、証券会社に返送する事になるのですね。
ところがその方法は、かなり時間がかかりました。というのも郵送の場合は、証券会社に書面が届くまでに多少の時間を要します。WEB媒体のように、直ちにデータが届く訳ではないのです。それで書類が会社に届くまでに時間がかかってしまったので、思ったよりも手間取ってしまった記憶があります。
また私の場合は、キャンペーンの恩恵を受ける事もできませんでした。そのFXの会社の場合は、キャッシュバックのキャンペーンなども行っているのですね。ところが上記の紙媒体による方法の場合は、その恩恵を受ける事ができないのです。結果として私はキャッシュバックが発生せずに、ちょっと残念な思いをしてしまいました。
このような事例も稀にあるのですが、FXは紙媒体でなく電子媒体で口座を作るのが良いと思いますね。